動作プレビュー

VICRiについて、ご説明いたします。
数秒ごとに、次の画像に切り替わります。
画像の両サイドにある矢印、又は、下中央の丸印をクリックしても切り替えることができます。

「VICRi」は、化学物質の危険有害性情報が簡易に取得できるシステムとして開発されました。 大学や研究機関で多く保持している化学物質や、事故がよく起こる化学物質を中心に、348種の物質情報を載せたシステムをリリースしました。 VICRiの使い方について説明します。調べたい物質の、日本語または英語の化学物質名かCAS NO.を入力します。 今回は、「メタノール」と入力しました。「メタノール」に該当する物質の情報が、右側に示されます。この表中の物質をクリックすると・・・物質の情報が、ポップアップして表示されます。危険有害性を可視的に且つ定量的に把握するため、レーダーチャートを用いた図表示を行っています。 一目で、その物質の危険性をイメージできるようになっています。実際の取り扱い時に必要な具体的な管理方法、法令を載せています。化学物質が原因で起こった事故、ヒヤリハットを化学物質単位で表示しています。