TopIcon.png

REHSeminar_ロゴ2.pngREHSEは、本年度も集中セミナー形式の勉強会を開催します。
LinkIconREHSeminar2018LinkIconREHSeminar2017

「今後のラボデザインのあり方とは」

研究環境の高度化に向けた取り組みとして、本年9月に文部科学省「今後のラボデザインの在り方に関する調査研究協力者会議」が立ち上がりました。
ラボデザインはREHSEが扱う重要なテーマの一つであり、これまでに、REHSeminar等の機会を通じて、議論を行ってきました。
今回のREHSeminarでは、「今後のラボデザインのあり方とは」というテーマについて、ラボユーザー、事務、安全管理部署、メーカーといった、実験研究現場に様々な形で直接関係する皆様と自由な意見交換を行い、これからの実験研究現場の姿や方向性について議論したいと考えています。

【日時】令和2年2月17日(月) 13:30~16:30(受付13:00~)
【会場】東京大学 本郷キャンパス 工学部5号館233A号室 会場案内

【参加費】資料代として3,000円(会員)、5,000円(非会員)

(意見交換会)
【日 時】 同日 17:00~19:00
【会 場】棲鳳閣(せいほうかく)本郷三丁目徒歩1分
       https://gc18800.gorp.jp/
       〒113-0033東京都文京区本郷2-39-6 大同ビル1F
       050-3494-6488
【参加費】4,000円

【申込み】
下記URLをクリックして、お申込み画面にお進みください
LinkIconhttps://forms.gle/o4hLd4XMNk2vyEzA6

(資料準備の関係上、1月31日(金)までにお願いします)

【お問合せ】
 REHSE事務局  jimukyoku@rehse2007.com