今号の特集記事では、9号ぶりに地震についての話題を取り上げました。北海道胆振地震から2年半経過した今、ブラックアウト発生当時の様子を改めて振り返り、企業の対応について考察しています。そのほか、事務室や実験室における室内換気に関する話題、実験室のスリッパについて、REHSEの活動(高校生による自主研究活動支援事業等)の記事をご紹介しています。


LinkIcon研究生活vol.16




LinkIcon「研究生活」vol.15(全12ページ)

LinkIcon「研究生活」vol.14(全12ページ)(2020年7月1日発行)

LinkIcon「研究生活」vol.13(全12ページ)(2020年1月1日発行)

LinkIcon「研究生活」vol.12(全12ページ)(2019年7月1日発行)

LinkIcon「研究生活」vol.11(全12ページ)(2019年1月1日発行)

LinkIcon「研究生活」vol.10(全12ページ)(2018年7月1日発行)

*本誌記事内に誤りがありました。お詫びして訂正させていただきます。
「研究生活 vol.10 2018年夏号」
p.8 2段目8行目 誤「高圧ガス保安規則」正「容器保安規則」
p.8 2段目11行目 誤「富山県高圧ガス保安協会」正「富山県高圧ガス安全協会」

LinkIcon「研究生活」vol.9(全12ページ)(2018年1月1日発行)

LinkIcon「研究生活」vol.8(全12ページ)(2017年7月1日発行)

LinkIcon「研究生活vol.7」(全8ページ)(2017年1月1日発行)

LinkIcon「研究生活vol.6」(全8ページ)(2016年7月1日発行)


LinkIcon「研究生活vol.5」(全8ページ)(2016年1月1日発行)

LinkIcon「研究生活vol.4」(全8ページ)(2015年7月1日発行)

LinkIcon「研究生活vol.3」(全8ページ)(2015年1月1日発行)

LinkIcon「研究生活vol.2」(全8ページ)(2014年7月1日発行)

LinkIcon「研究生活vol.1」(全8ページ)(2014年1月1日発行)

ご意見、記事投稿、広告掲載、その他のご要望については、以下の連絡先まで、メールにてご連絡下さい。


「研究生活」編集委員会 E-mail: kenkyuseikatsu@rehse2007.com


編集長
林 瑠美子(名古屋大学)

編集プロジェクト委員
伊藤 通子(東京都市大学)
加藤 博子(東京工業大学)
北村 規明(REHSE)
久保 信一(オフィスしのも)
富田 賢吾(名古屋大学)
中田 正仁(ヤマト科学(株))
根津 友紀子(東京大学)
三上 恭訓(東北大学)
村田 和香
茂木 俊夫(東京大学)
本宮 大輔(シゴトツクル)
山本 仁(大阪大学)
吉識 肇(理化学研究所)
渡邉 賢(東北大学)

(五十音順)